記事一覧

総勢33人のモデルをハサミ1本で変身 「カキモトアームズ」のカットステージ

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

ヘアサロン「カキモトアームズ(kakimoto arms)」は5月21日、東京・渋谷区の渋谷ヒカリエで、ヘアショー“アームズ コレクション 19”を開催した。33人のヘアスタイリストが登壇し、1人1体のリアルヘアのモデルをカット。日頃から培ってきたテクニックを駆使し、集まった約1000人の観客を魅了した。

 カラーリストのイメージが強い「カキモトアームズ」のスタイリストにとって、スタイリスト単独で年1回行われる同イベントは、自らの技術をアピールできる絶好のチャンス。そのため社内の厳しいオーディションを勝ち抜いた選抜チームが、数カ月前から数々の特訓を行ってこの大舞台に臨むという。

 12回目を迎えた今回のテーマは“BE YOURSELF ~私は私~”。総勢33人のモデルに対し、スタイリストたちはそれぞれの技とセンスを披露し、ミディアムボブのモデルをベリーショートにするなど、大胆なカットパフォーマンスで観客を魅了した。

 また、メンズグルーミングサロンのスタッフも参加してメンズモデルをカット。完成したスタイルだけでなく、スタイリストのカット中の動作もかっこよく、会場を沸かせていた。青山店でディレクターを務める長戸寛典スタイリストが、日頃から「サロンワークでもお客さまから見られていることを忘れず、常にかっこいい動きを意識している」と話しているが、その成果がパフォーマンスとなって表れていた。

 同カットステージの特徴は、過度な演出をせず、“直球”のカットパフォーマンスのみで魅せること。最近はエンターテインメントに寄ったヘアショーや、カット中の姿は見せず、完成したモデルがランウェイを歩くだけのショーが増えている中で、異色のイベントだ。演出がない分、技術のごまかしがきかず、観客たちはハサミ1本で勝負する“スタイリスト魂”を感じていたようだ。

ファッション雑貨や家具など新作1万点 国際商談展「ライフスタイル総合EXPO」が1月30日開幕

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

リード エグジビション ジャパンは1月30日~2月1日、ファッション雑貨やインテリアなどさまざまなライフスタイル関連商材を集めたバイヤー向けの国際商談展「第2回 ライフスタイル総合EXPO 春(旧GIFTEX)」を千葉・幕張メッセで開催する。

 会場は「雑貨」「ファッション雑貨」「インテリア・家具」「ヘルス&ビューティグッズ」「テーブル&キッチンウェア」「ベビー&キッズ」の6つの展示会に分かれ、計1万点の新作が並ぶ。世界各国から日本初上陸となるブランドも数多く出展し、南アフリカ発の世界で200万個売れたソーラーランタン、フェアトレード原料で作られたウガンダのカラフルなバスケット、イタリア製の色彩が美しい高級フライパン、台湾の“インスタ映え”するダブルウォールグラスなど話題の商材が一堂に集まる。有田焼、香川の手袋、燕三条の包丁など、日本の有力産地からの出展もある。日本国内だけでなく、世界各国の製品まで、あらゆる新作をいち早く仕入れ・買付けできる場となっている。

 また会期中は、バイヤーやマーケターらを対象とした全4回の無料セミナーを開催する。南馬越一義ビームス執行役員、坂本満広アーバンリサーチ執行役員、大重亨アクタス取締役、山本修司パル常務執行役員が登壇し、各社の伝統的なモノ作りを生かした取り組みやEC戦略、マーケティング事例などを紹介する。セミナーは公式ホームページでの事前申込制で、定員になり次第締め切る。既に1000人を超える申し込みが入っているという。