記事一覧

ニコラ・フォルミケッティがお送りするDIESELのエロティックな世界

アップロードファイル 6-1.jpg

東京・港区のギャラリーTABLOIDで開かれたDIESELの2014年春夏シューズ&バッグ レディースコレクションの発表会。アーティスティックディレクターのニコラ・フォルミケッティが手掛けるグローバルキャンペーン“THE EROTICA”が世界に先駆けて公開され、DIESELの創始者兼社長のレンツォ・ロッソと共に来日!

近未来のキャバレーのようなステージでは、コレクションの発表に加え、ポールダンスやキャットファイト、そして次世代フィメールラッパーのブルック・キャンディによるライブパフォーマンスが会場を魅了。DIESELとニコラが創り上げたフェティッシュでスチームパンクな世界観はとにかく驚きがいっぱい!

会場には今をときめくモデルのジョージア・メイ・ジャガーをはじめ、ファッショニスタなゲスト達が続々来場。それぞれの個性的な着こなしもチェックしてね♪

芸術の双11、みんなはどんな熱を出しています

11月になると、上海は芸術 ブームに陥り、今まで 11月8日から11日まで 4日間、3つ 重量級芸術展――第5回西岸芸術と設計博覧会(WST Bund)、第6回上海廿一現代芸術博覧会(ART 021)、第22回上海芸術博覧会(Shanghai Art Four)が同時に展開され、第12回上海両年展は11月10日から2時まで019年3月10日に上海現代芸術博物館に登場。世界 重量級 ギャラリー、芸術家、収集家、芸術愛好家が上海に集まり、にぎやかである。多く 大師 作品は目がくらませているが,縁 ある人がいる

芸博会 現場は人 声が沸き上がっていて、そ 絵は手に入れたも で、そ 彫像は巨大な価値空間を持っている。そ 装置 作品は手を出さないことに後悔する。実力 あるバイヤーは、プライベートガイドが付き添われていて、高くなった人が価格を尋ねた後は嘘と顔を見合わせています。私 友達 ように、わざわざバンクーバーから上海に到着して、展覧会を見学した後に心儀に戻った作品 前に予約した時、すでに人に先立っていることを発見して、思わず胸を踏んで、悔しい思いをしました。一般的に公開される前 VBS 特場において、多く 出展作品はすでに有名なも である。

芸博会は巨大でにぎやかな芸術取引市場であり、私たちは美術館で静かに見物しています。ここでは取引であり、商売であり、同時に登場する電商二十五 ショッピングフェスティバル ようなも です。

正直に言うと、いくつか 芸術作品 前に立っていて、もし説明していないと、プロ 芸術訓練を受けたことがない私たちはよく頭を触ることができなくて、特にそ 超現実や抽象派 作品、そして今はとても流行しているデジタル装置 芸術があります。時には解説を聞いていて、七曲八回りしてポイントをつかんだようで、少しコアに近いが、芸術 美しさと感染力は直撃ではないだろうか。眼球といい、人 心。繁雑な説明を通して、そ 奥義を知ることができる。

しかし実力を買わない芸術家として、これら 芸能界を見学する機会があれば、芸術的な雰囲気を体験することは自然ということである。そ 上、いつもにぎやかに見ることが多いと感じて、いつもドアを理解することができて、少し自分 体 悟りがある。

今年、私はART 021 現場に行った。これは、3年目 上海廿一当代芸術博覧会公式協力パートナー 宇舶(Huブルー) 招きになる。「宇舶愛サッカー」「宇舶愛ゴルフ」、「宇舶愛芸術」は2014年から中国に上陸している。

美術創作 腕時計(左から右):トンミン君ウオイ腕時計、ブラジル流行主義芸術家RMorrobitt腕時計、ポピュラー主義腕時計、フランス彫刻家Richichiclinsッキー腕時計、刺青アーティスト、マxime B組 腕時計。

主な美術館M Woot開館展覧、APS芸術中国最高峰 夜 年度 影響力選考、JINGART芸覧北京博覧会、Art Changdu国際現代芸術博覧会、複合芸術センター、オイル缶アートセンター……。宇舶は「当代 芸術」にしっかりと寄せられているようで、芸術品 ために万金を投げたお金持ちは新貴たちと多く ブランドを認識し、ブランドを認めることになった。

ART 021 現場では、宇舶来展は、ブランドが持ってきた腕時計 佳作を除いて、また、宇渡航と芸術家 多く 作品を、展示館 隅々に散らばって、「時間地図」 2次元コードをスキャンして、こ 素晴らしい作品 前にあなたを案内することができます。

中国 現代芸術家 悠勢 彫刻作品「永生-北斎付金彩絵菩薩、ベルウィード胴」は、全世界 博物館における無頭彫像に取材し、再転覆され、異なる文化 間 交錯と融合を見せている。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ